安全対策情報:3月

こんにちは。バリナビのアヤコです。

 
 


バリ島デンパサール総領事館からお知らせが届きました。
バリ島への旅行を検討されている方、在住の方など皆様、是非ご一読下さい。
 
 

安全対策情報:3月

1 アグン山の状況
 インドネシア当局は、2月10日、アグン山の噴火警戒レベルを最高の4(危険)からレベル3(警
戒)に引き下げました。これに伴い、アグン山の立入禁止区域は、これまでの火口から半径6kmから
半径4kmに圏内に縮小されました。アグン山の火山活動状況については、引き続き注意が必要ですの
で、最新の情報収集に努め安全に十分注意してください。

2 治安情勢(テロ関連情報)
2月中旬、ジョグジャカルタ特別州で教会襲撃事件があり、東ジャワ州では警察署襲撃未遂事件でテロ容疑者が現行犯逮捕されるなど、国内各地ではテロの疑いのある動きがみられており治安当局は引き続き警戒を強化しています。現時点で当館管轄内において具体的な脅威情報はありませんが、テロはどこでも発生する可能性があります。引き続き最新の治安情勢等の関連情報を入手し、日頃から危機管理意識を高く持つよう努め、テロの標的となりやすい場所(政府・警察関係施設、宗教関連施設、ナイトクラブなど多くの欧米人が集まる場所、ショッピングモール等不特定多数が集まる場所等)を訪れる際には、周囲の状況に注意を払い、不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等、安全確保に十分注意を払ってください。

3 一般情勢
(1)水難事故
  2月中旬、チャングーブラワビーチ及びレンボンガン島海域において外国人が波にさらわれ死亡する等、高波が原因と思われる水難事故が相次いで発生しています。最近の天候不順により、当地気象庁から大雨・強風・高波の警報が発出されています。海や山でのレジャーの際には天候の急変等に十分注意して下さい。
(2)デング熱
 バリ州保健局によれば、バリ島内で昨年中に確認されたデング熱罹患者は約4,000名(うち死亡者13名)と報告されました。当地では一般的に雨季に入るとデング熱の罹患者が増えると言われており、昨年も3月頃まで流行が続いたことからこの時期は特に注意が必要です。デング熱が疑われる症状が発生した場合には、早期に医療機関を受診し、適切な治療を受けるようにしてください。
(3)麻薬・薬物への注意
 バリ州各地において、インドネシア人、外国人を問わず麻薬・薬物関連の逮捕事案が続いています。先日も覚醒剤を所持していた若者や外国人等多数が警察や空港税関に逮捕されています。当地裁判所は、外国人に対しても死刑を含む重い判決を下すなど薬物事犯に対して厳しい姿勢で臨んでいます。興味本位で薬物に手を出したり薬物が蔓延しているような危険な場所には近寄らないことをお奨めします。
(4)ニュピ
 バリ島では、3月17日(土)はニュピ祭日(ヒンドゥー教サカ暦新年)に当たります。同日は、午前6時(実際には午前0時頃)から翌18日午前6時までの24時間、外出、移動、車両の使用、火と電灯の使用及び娯楽など静粛を妨げる行為が禁止され、空港もトランジット便を除き閉鎖されます。外国人もホテル内での例外を除いて、同様の行動制限が適用されることになりますので、十分ご注意ください。

4 邦人事件・事故関係
(1)スリ
 2月中旬から下旬にかけて、クタ地区(レギャン通り、スリウィジャヤ通り)において邦人旅行者がスリ被害に遭う事例が4件発生しました。発生時間帯はいずれも夜間であり、複数人から取り囲まれ鞄に入れていた財布を盗まれたりズボンポケットに入れていたスマートフォンを盗まれるといった被害が発生しています。累次お知らせのとおり、夜間・繁華街でのスリやひったくりには厳重な注意が必要です。外出中、貴重品は出来るだけ持ち歩かない等、所持品の管理に注意し、徒歩での移動の場合には周囲に十分警戒してください。
(2)置き引き
 午後7時頃、クタビーチに座り友人と話し込んでいた際、いつの間にか身辺に置いていた鞄を盗まれていた。
(3)ひったくり
 今月は、邦人が被害に遭ったひったくり事案は当館に報告されていませんが、引き続き、繁華街におけるオートバイによるひったくりには注意が必要です。所持品の管理に注意し、徒歩での移動の場合には周囲に十分警戒してください。

5 その他
(1)「安全の手引き」の改訂
 当館ホームページに掲載の「安全の手引き」を平成30年2月付けで改訂しました。本手引きは、当地の事情に即した犯罪対策や緊急事態への備えと対処要領等についても説明していますので、是非ご一読下さい。なお、pdf形式での掲載ですのでダウンロードや印刷も容易に可能ですのでご利用ください。
 http://www.denpasar.id.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000091.html
(2)領事手数料の改定
  例年4月1日付で領事手数料の改定を行っており、同日に申請された案件から新手数料が適用されます。新手数料額が確定次第改めてお知らせいたしますので、ご留意ください。

                                                                                             以 上

在デンパサール日本国総領事館
Konsulat Jenderal Jepang di Denpasar

Jl.Raya Puputan No.170, Renon, Denpasar, Bali, Indonesia
Tel: (+62)0361-227628
Fax: (+62)0361-265066
e-mail: denpasar@dp.mofa.go.jp
Web: http://www.denpasar.id.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

開館時間
08:30~12:00、13:30~16:00
休館日
土・日、休日

 
 

バリのことはバリナビにお任せ!

では、次回のバリナビ・ブログをお楽しみに。