安全対策情報:5月

こんにちは。バリナビ・アヤコです。

 
 


バリ島デンパサール総領事館からお知らせが届きました。
バリ島への旅行を検討されている方、在住の方など皆様、是非ご一読下さい。
 
 

1 アグン山の状況
 アグン山の噴火警戒レベルは、2月10日にレベル3(警戒)に引き下げられましたが、4月下旬には再度小規模な噴火が確認されました。引き続きアグン山の状況を注視するとともに、最新の情報収集に努め安全に十分注意してください。

2 治安情勢(テロ関連情報)
 今年は5月15日(火)頃から6月14日(木)頃までイスラム暦のラマダン(断食月)に入る予定です(正式には宗教省が決定・発表)。近年、ラマダン期間中には、多くのテロが発生しておりますので、日頃にも増してテロへの警戒を怠らないようにしてください。
 現時点で当館管轄内において具体的な脅威情報はありませんが、引き続き最新の治安情勢等の関連情報を入手し、日頃から危機管理意識を高く持つよう努め、テロの標的となりやすい場所(政府・警察関係施設、宗教関連施設、ナイトクラブなど多くの欧米人が集まる場所、ショッピングモール等不特定多数が集まる場所等)を訪れる際には、周囲の状況に注意を払い、不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等、安全確保に十分注意を払ってください。 

3 一般情勢
(1)ラマダン(断食月)、レバラン(断食明け大祭)
 イスラム教徒にとり神聖なラマダン期間中は、平素以上にイスラム教徒の習慣に配慮し、周りの人の感情を害さないよう自らの言動に十分注意することが必要です。なお、レバラン(断食明け大祭)の祝日には、帰省する人も多く、多数の人々が国内外を移動するため、交通機関等の混雑が見込まれます。また、この時期は一般犯罪も増加する傾向にありますので、安全対策を怠らないことが肝要です。
(2)高波に警戒
 当地気象庁からは、引き続き高波の警報が発出されています。4月下旬にも、サーフィン等遊泳中に波にさらわれ死亡する他、外国人も含め高波が原因と思われる水難事故が立て続けに発生しています。海でのレジャーの際には波、天候の急変等に十分注意してください。
(3)デング熱
 バリ島内におけるデング熱罹患者は依然発生しており、引き続き注意が必要です。デング熱には予防接種も予防薬もなく、蚊に刺されないようにすることが最善の予防方法ですので、防蚊対策を徹底し感染の予防に努めてください。なお、仮にデング熱が疑われる症状が発生した場合には、早期に医療機関を受診し、適切な治療を受けるようにしてください。
(4)麻薬・薬物への注意
 バリ州各地において、インドネシア人、外国人を問わず麻薬・覚醒剤といった薬物関連の逮捕事案が続いています。5月上旬にも当局によるナイトクラブ4箇所に対する捜査が行われ覚醒剤を所持等していた者が逮捕されています。当地裁判所は、外国人に対しても死刑を含む重い判決を下すなど薬物事犯に対して厳しい姿勢で臨んでいます。興味本位で薬物に関与したり薬物が蔓延しているような危険な場所には近寄らないことをお奨めします。

4 邦人事件・事故関係
(1)スリ・ひったくり
 スマートフォンを歩きながら操作しているところをひったくられるケースや自撮り撮影中にひったくられるケースが多発しています。スマートフォンはそれ自体が高額商品であるため、外部から簡単に視認できる状態で持ち歩く等していると、ひったくり被害に遭遇する可能性が高まります。   
 また、累次お知らせのとおり、深夜から未明にかけての繁華街では、スリやひったくりといった犯罪が発生する可能性が格段に高まっており厳重な注意が必要です。外出中、貴重品は出来るだけ持ち歩かない等、所持品の管理に注意し、徒歩での移動の場合には周囲に十分警戒してください。 
 今月の主な被害例は次のとおりです。
 ・夜9時頃、タナロット観光からクタ地区のホテルへ向かう途中の路上で、オートバイに乗った者から手に持っていたスマートフォンをひったくられた。
 ・未明、レギャン通りを歩行中、男数人に声を掛けられ無視して歩いたが、後刻、後ろポケットに入れていた旅券がなくなっていることに気が付いた。
 ・夜4時頃、タクシーに乗るためナイトクラブ付近のレギャン通りを通行中、複数人から声を掛けられた際、いつの間にかばんの中から旅券を盗まれた。
(2)空港タクシー利用時における注意事項
 ングラライ国際空港の国際線・空港タクシー利用に関して、不当に高い料金を請求された、通常よりも遠回りをされた等、タクシー運転手とのトラブルに関する報告が多く寄せられています。空港タクシー配車カウンターには、目的地別に記載された料金表がありますので、それを確認するとともに支払いの領収書を必ず受け取ってください。なお、同タクシー協会では、悪質な運転手の情報提供を歓迎するとしていますので、トラブルに遭った際には、詳細な日時、運転手の氏名、ID番号等を記録の上、タクシー協会に通報することもご検討ください。
  【Koperasi Taxi Ngurah Rai 0361-721250】

5 その他
(1)「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」の動画版の案内
 外務省では、標記安全対策マニュアルの動画版を制作しました。当該動画は、4月6日の第1話配信後、全13話を毎週金曜日に配信する予定です。外務省海外安全ホームページや当館ホームページにバナーを掲載していますので、是非ご覧ください。また、通信アプリ「LINE」において「外務省海外安全情報」として公式アカウントを運用しているところ、当館ホームページにQRコードを掲載していますので、併せてご案内させていただきます。

 

好きな所へ専用車で出かけませんか?日本語ガイド付きバリナビ・カーチャーター♪♪♪
>>> バリナビ・カーチャーター

 

バリのことはバリナビにお任せ!

では、次回のバリナビ・ブログをお楽しみに。