バリナビからのお得なお知らせ

バリ島の物価は安い?ショッピング情報

本当に物価は安いの?

バリの物価最近は日本の物価が安くなり、バリは上昇気味。だんだん近づいてきています。
バリ島と日本で最も違うお金にまつわるものは、ズバリ人件費。その賃金格差は日本以上の開きがあり貧富の差があります。日本は格差社会とか言われ始めましたが、こちらは昔から超格差社会です。

物の値段は、米5kgがおよそ350円~500円程度。
コーラの缶350ccが85円くらい。
マルボロでは130円くらいから(バリは自由販売ですからお店により異なります)
マクドナルドのビッグマックセットで350円くらい。
およそこれらは世界中にあり物価を知る上での基準になる商品ですね。

バリならではの物と言えば、観光面ではホテルの料金:どのランクを選ぶかで違いますが世界基準よりは安い設定です。
安宿一泊¥800から。ブルガリリゾートのスイート一泊50万円などなど。

アクティビティーの料金は、バリ島のラフティング最高値料金 US$60≒¥5,100 最安はUS$30台  送迎と食事付き
日本(吉野川) ¥10,000 ハイシーズン ¥15,500 / (利根川) ¥6,000 どちらも送迎、食事なし
豪州のラフティングで安いコース料金 最安A$100 ¥8,200 高値A$200 ¥16,400 コースにより異なる
さらに豪州は公園管理費A$25~50が加算のようです。
ホテル送迎、食事付きなど考慮すればバリ島で最も高いSOBEKでも充分安い遊びとなります。

エステとかは、バリ島 3時間でUS$100以下が多数あり。
豪州は、1時間 A$187 ¥15,000 / 1時間 A$218 ¥17,500 / フットマッサージ50分 A$89 ¥7,300
日本のマッサージもこれに同等でしょう。
時間単価を計算すれば、バリ島の圧勝です!

食事面では、ホテル内のレストランは世界基準の料金です。レストランの格により違いますがそれなりに高くつきます。ラーメンが¥2,000のホテルもあるんですよ。また、某有名ホテルの朝食が¥5,000だったとか。。。
街の日本食レストランならカツ丼¥350くらいからあります。
ローカルな食堂は、ナシゴレン(チャーハンのような物)¥80くらいです。

生活面では、家賃はローカル向けの月¥2,500のアパートから月5万円以上の一戸建て物件まで色々です。
現地生産の1500ccのトヨタ車でおよそ130万円くらい。輸入車は関税が高いのでプリウスが550万円くらいします。
バリでいっぱい走っているカブ型のバイク125ccは12~3万円くらいです。

どのクラスを求めるのか?で全く異なります。そして安いものから高級な物まで身近に存在するのが日本と違います。
選択肢が広いバリ島!他の国や日本は幅が狭いことになります。
また「安い」と「安物」の違いを知る必要があります。