バリナビからのお得なお知らせ

バリ島ウブドのブランコアートミュージアム

 ネカ美術館    プリルキサン美術館    ARMA美術館    ブランコ・アート・ミュージアム

ブランコ・アート・ミュージアム

故アントニオ・ブランコ 1911年9月生まれ スペイン人(マニラ生まれ)1952年からバリ島に移住した画家。現在はご子息のマリオブランコ氏が経営を引き継ぎマリオ氏の作品も展示されています。
年中無休(ニョピを除く) AM9:00-PM5:00 創立1998/12/02 
ブランコ美術館 ブランコ美術館 アントニオブランコ
ウブドの中心地から西方へ進み、下り坂を下りきります。橋を渡ってすぐ右側に入り口があります。
緑に囲まれた入り口ですので見落としやすいので注意してね。
作品の一例
ブランコ美術館内 ブランコ美術館内 レゴンの絵
他の美術館とは作品の趣が全く異なります。ブランコ氏の作風で描かれたバリがテーマの作品が多数展示されています。

アントニオ氏の作品 アントニオ氏の作品 マリオ氏の作品 彩色写真
左は踊り子であったマリオ氏の奥さんを描いた作品。隣はお孫さんを描いた作品。
そして、ご子息のマリオ氏の作品。マリオ氏の彩色写真。アールデコ料の作品が多く、他にはリソグラフも展示されています。
マリオ氏 アトリエ
マリオブランコ氏とアトリエ。通常アトリエには入れませんのでご留意下さい。

 
もっと知りたいザ・ブランコ・ルネッサンス・ミュージアム
ブランコミュージアムの公式サイト(英語)はこちらから

当サイトはWEB掲載の許可を書類申請し許可を得て係員同行で撮影しています。通常作品の撮影は禁止です。とくに作品にストロボは禁物です。赤外線を多く含んだ光が出ますので作品を痛めます。