バリナビからのお得なお知らせ

ロンボク島の風景スナップ1/2

バリ島の日常スナップその2

ロンボク島 ロンボクの親父
左:ロンボク島南部。観光客も訪れることの少ない南西部。風景写真を撮ろうとしているところに親子が歩いてきた。
右:ロンボク島南部おじさん。「ちょっと道を教えてよ。このまま行ったらまた町に戻れるかね?」 
「あぁ、行けるよ。」
「あそこに造っているのは何?」
「モスク(マスジッ)だよ。 寄って見ていかないか?」
「いや、先を急いでるんだ、ありがとう。」

ロンボク島南部 ココナツ
左:ロンボク島南部。ロンボク南部の平均的な景色である。時折小集落が点在している農業と漁業で生計を立てているのだろうか。
右:ロンボク島南部。「ね~ココナッツ買って。」
「いくら?」  「10、000Rp(約¥135)。」
「なんだと~!(日本語)」  「4、000Rpでいいや。」
よし、買った。少々高いが彼も稼がねばならん

漁 ロンボク焼き
左:ロンボク島西部。そんなんじゃ魚は取れまい。 私にやらせてみなさい。と言いたかったけどズボン脱ぐのいやだからやめておこう。
右:チャクラ近郊。ロンボク焼きの工房である。突撃取材である民家にお邪魔した。撮影中も彼女らは黙々と手を動かし続けていた。

伝統行事 伝統行事
左:チャクラ近郊。これがササック族の伝統行事。ササックファイティング。かなり真剣である。子供から始まり常連の横綱級でしめくられる。子供とはいえ真剣だ!
右:本日の最終戦。常連の因縁の対決である。常連を見分けるのは簡単だ脇腹に古傷がたくさんあるんだ。

ロンボクハウス ロンボクハウス
左:ロンボク島中部。伝統的な家屋ロンボクのシンボルとしても多く使われている。穀物の貯蔵に使われているようだ。どれも傷みが激しく近頃はこの様式で新築されることは少ないようだ。残念である。
右:スンギギ近郊。伝統家屋の様式を用いて造られたコテージ。花と緑に囲まれ海岸も近い。が一人で泊まるには寂しすぎる。

シェラトンロンボク サンセット
左:ロンボク・シェラトンホテル。観光客の少ないここスンギギにも高級ホテルがある。主に欧米人に利用されている。休暇の長さと予算が彼らには合うのだろう。
右:スンギギ近郊。夕日と椰子の木!なかなかありそうだがポイント探しは難しい。椰子の木は密集し過ぎているのでイメージどおりにはなかなか撮れないものだ。

ロンボク、ギリ3島へ