バリナビからのお得なお知らせ

バリ島の変わった乗り物、旧車、改造車 その1

バリで見た古い車もあれば、、、

セダン 古いバイク
左:デンパサール。思わずパブリカかと思いました。正式な車名はわかりませんが、いい雰囲気をしています。このデザインで最新の装備とエンジンであれば、ぜひ欲しい1台です。バリ島にマッチしています。
右:ロビナのビーチにあったノスタルジックなバイク。年式、生産国?なにもわかりません。イギリス製とも思えますが・・・。
デコレーションバイク 自転車
左:走る古銭屋。集めるのも大変だったろうけど、貼り付ける勇気に感服したい。¥100硬貨も貼ってありました。バリの人は日本人とは実践力が大きく違います。こういうことにはね!
右:置物?乗り物?おそらく実際に乗ることは不可能(キャスター角不足)だと思うけど、造った本人は結構真剣に取り組んだのだと思います。
この前、2人で漕ぐ自転車が実際に道路で走っているのを見ました。本当にこのような事をするのが好きな国民です。

消防車 4ドア
左:消防車。なんだか見たことあるような!?トヨタランドクルーザーの消防車。高知トヨタと書かれたプレートが貼ってありました。まだまだバリ島で活躍。
右:ジムニ-4ドア。この車は以前から気になっていた車ですが、遂に写真で捕らえました。ベース車はジムニ-(カタナ)ですが車名が違いました。おそらく小さな車両改造メーカーが再販している車かも知れません。(排気量1000cc)

ミゼット バイク
左:五輪車?バイパス沿いに飾られている形式不明の車。3輪車かと思ったら5輪でした。運転席の床は完全に抜けています。ベース車両はミゼットなんですかね?
右:カスタムバイク。(青いタイヤ) かなり古いホンダ・カブですが、かなり改造されています。懐かしい5連ホーン、フロントブレーキが大口径のディスク・ブレーキに交換されていることと、タイヤが青い色をしているのが驚きです。ちなみに50ccではありません。

改造ベスパ クラシックカー
左:やはりあった!いつかはこのような屋根付き改造バイクと遭遇すだろうとは思っていた。走っている姿も見てみたいものです
右:ウブド。まさにクラシックカー。残念なことにアルミホイルが新しいデザインのようです。鉄製ホイルは錆びたら直すの難しいから維持するのは大変なんだろうな~。

ACコブラか ホールデン
左:ウブド近郊。これは豪快なデザインのオープンカーです。アメ車のACコブラを参考に作られたのしょうか?こちらの車の方が先に作られたのでしょうか?値段はいくらなのでしょう?
右:ウブド。思わずアメ車!と思いたくなりますが、これはオーストラリア製のHOLDENだと思います。

シトロエン アリエル
左:パダンバイ。1970年代のシトロエンだと思いますが、ん~、どうでしょう? ボディが総FRP(樹脂)製でした。 整備解説書まで残っていました。まだ直して売るのだそうです。
右:パダンバイで。オーナーが言うにはアリエル(ARIEL)、1968年製、英国。 あれっフランスだったかな?発電機が故障したようで自動車のジェネレーターを強引に取り付けてあります。

もう1ページある変わった乗り物