バリナビからのお得なお知らせ

バリ島北部のムンジャガンでシュノーケル

ムンジャガンのシュノーケルポイント

・バリの北西部沖合にある島で、ここへ来るのはダイバーさんがほとんどです。
・普通の観光客は車をチャーターして行く以外に方法はありません。ダイビング以外は野生の鹿がいることと、シュノーケルが楽しめることです。バリの南部リゾートから車で3時間弱。やっと着きました。(ヌガラ経由)
・公園として管理がされているため入場料を払います。(割と高いですね。入場料、ボート代、レンタル機材込みです。)
ムンジャガン駐車場 桟橋
渡船 船着き場
・島までボートで30分くらいだろうか。水の透明度に期待感が高まります。到着が遅かったがまだ数隻のボートが。先客が数組いるが一艘を除きほとんどがダイビング船でした。

シューノーケルしてみたら
珊瑚 魚たち
熱帯魚 熱帯魚
・船着き場のすぐ横でシュノーケルできます。ビーチから簡単にエントリーのはうれしい。珊瑚の生息域は狭い範囲ですが、思ったより魚が多くて嬉しくなってしまいます。バリ島近海のシュノーケルはレンボガン島VSムンジャガン島の対決と言っても良いでしょう。で、鹿は見られたかと?同行者は見られたようですが、私には見えませんでした。バリ人もこの島のお寺にお祈りに来るようですよ。

シャワーと食堂 食事
・思ったより楽しめたシュノーケルだが残念なのは設備である。
陶しい料金の交渉もなく、バリらしくないな!と思っていたらここで落ちがついた。水シャワーがあるのだが(左写真・竹の塀の中)扉がない!ある一方向から丸見えである。
・食事は写真のワルン(簡易食堂)のみで通常の観光客は引くだろう。ローカルな食事が食べられ、開放的なシャワーで問題のない方はドライブついでに立ち寄よってみよう。
追記 : 島に更衣室はありません。廃墟のような建物内か林の中で着替えます。(ほとんどの女性がこれで諦めましたか?)
「言わぬが仏」でも真実を。。。

ロビナ観光へ
アメッドのシュノーケルを見る