バリナビからのお得なお知らせ

バリ島シンガラジャ

シンガラジャ (シガラジャ)

・バリ島で古くから交易があり栄えた港町。
その昔は、外国船はすべてここに停泊していました。南部は遠浅であったり波が荒かったりで港にできなかったとのことです。現在は、南部のブノア港に観光客船や貨物船が接岸できるようになり、その役目は終了しました。昔は、入荷した荷物を1,000m以上の山を越えて運んでいたのだとか。

・で、観光資源は?
それが全くと言っていいほどありません。街の規模としては大きいのですが無いんです。この町の西側にはロビナビーチがあり観光地になっています。シンガラジャはそれなりに人が多いので南部に仕事を求めてくる人が多くいます。「どこの出身ですか?」 『シンガラジャ。』 とはよく聞きます。
シンガラジャの通り スタチュー
目抜き通り 幹線道路
・あいにく日曜日に取材に行ったために閑散としていました。
この周辺の産業は、海関連とブドウの産地でもあります。バリの名物ハッテンワインはこの地のブドウからできています。シンガラジャからロビナ方面に進み、山の中腹に入ると一面のブドウ畑があります。まるでバリではないような景色です。

ロビナビーチへ行くときに寄るくらいです
ヌガラの水牛レースも見る