上陸戦シーン【硫黄島からの手紙】

上陸戦シーン【硫黄島からの手紙】

『硫黄島からの手紙』2006(英: Letters from Iwo Jima)より、栗林中将率いる硫黄島防衛隊とアメリカ海兵隊との戦闘シーン

【硫黄島からの手紙再生リスト】
⇒https://www.youtube.com/playlist?list=PLWjUioTJmfw39egjVGUjW4Vf-bEvUu0Li

~ストーリー~
2006年、東京都小笠原諸島硫黄島。戦跡の調査隊が、地中から数百通もの手紙を発見した。それは、61年前、この島で戦った男たちが、家族に宛てて書き残したものだった。届くことのなかった手紙に、彼らは何を託したのか。
1945年2月19日、ついにアメリカ軍が上陸を開始する。その圧倒的な兵力差から5日で終わるだろうと言われた硫黄島の戦いは、死傷者数が日本軍よりアメリカ軍の方が多いという、36日間にも及ぶ歴史的な激戦となった。

まだ見ぬわが子を胸に抱くため、どんなことをしても生きて帰ると誓った西郷、そして彼らを率いた栗林もまた、軍人である前に夫であり父であった。61年ぶりに届く彼らからの手紙。そのひとりひとりの素顔から、硫黄島の心が明かされていく。(wikipediaより)

硫黄島からの手紙カテゴリの最新記事